家作りの第一歩はココから!

匂いが充満

ガレージハウスは、家の中に車やバイクを入れるようなものです。そのため、独特な匂いも充満してしまうというデメリットもあります。匂いというといろいろありますが、一番はやはり車やバイクから出る排気ガスでしょう。今は乗っている人が少なくなりましたが、ディーゼルエンジン(軽油車)などは、より排気ガスが多く、臭くなってしまいます。

 

車やバイクは、エンジンを始動させれば必ず排気ガスは出ます。外ではそれほど気にならない匂いでもガレージハウスになるとそうはいきません。通常のガレージであれば、車が出発、または駐車して車から離れれば、人が近づくことはないですから、自然と臭いは時間とともに少なくなるでしょう。ですがガレージハウスは、隣、または2階は居住スペースとなりますから、いくら締め切っていたとしても少しは匂いが入ってくるでしょう。車をリビングから見えるように設計していれば、食事中に排気ガスが入ってくるという危険性も十分に考えられます。

 

また匂いは排気ガスだけではありません。オイル交換などをおこなえば、そのオイルの匂い、ワックスをかければ、その匂い、一部を倉庫として使用していれば、それらのものから発生する臭いなどいろいろな匂いが発生してしまうのです。

 

最近の建物は、気密性の高いもので、そういった臭いも感じられないというハウスメーカーの触れ込みもありますが、やはり家の中にガレージがあれば、人の出入りはあるわけですから、その際に匂いが侵入してくるということも考えられます。そのため、少しでも匂いを軽減するため、バイクはガレージ内ではエンジンはかけない、車は排気ガスの少ない車にするという検討も必要でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市