家作りの第一歩はココから!

強度が弱いことも

家を建てるとき、日本においては耐震性、強度がとても大切といわれています。先の東日本大震災では、耐震性の低い家は、全壊または半壊、一部損壊になったところが多く見受けられます。これは稀なケースではなく、日本に住んでいる以上は、どこに住もうといつかは経験するであろう災害です。そのため、家を建てる時には耐震性強度は重要視しなければいけません。

 

ガレージハウスは、車が入れる空間を空けなければいけません。そのため、どうしても柱の数は減り、強度は弱くなってしまいがちです。しかも家の1階全部、または一部をガレージにするため、どうしても居住スペースは減ります。その打開策として3階建てなど、高さを求める傾向にあります。建物が高くなればなるほど1階にかかる負担は大きくなります。そのため、ガレージハウスはどうしても強度の面では弱くなってしまう傾向にあります。

 

ガレージを狭くすれば、それだけ乗り降りや車庫入れが大変ですし、広くすれば強度が保てないということになるのです。そのため近年では、ガレージ部分は鉄骨を取り入れるというハウスメーカーも増えています。鉄骨にすれば、多少広くしても強度・耐震性は保てます。

 

ただ、あまりあガレージハウスに詳しくない住宅メーカー、または以前に建てられたガレージハウスに住むという時には、どのような作りになっているのか、鉄骨なのかそうでないのか、木造なら耐震性はどうなのかをしっかり確認しておくことも大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市