家作りの第一歩はココから!

建築基準に関係する

ガレージハウスは、家の中にガレージがあるものですから、建てる際には建築基準法によりチェックが行われます。そのため、ある程度制限が決まっているのがデメリットといえるでしょう。

 

建築基準法にはいろいろな制約がありますが、ガレージハウスに関係するとなると内装でしょう。車庫にする場合、家とは異なり内装制限があります。家の中にあるガレージとはいえ、車庫である以上は天井や壁の材質に制限が設けられています。

 

また、ガレージハウスは全体の面積の5分の1以上の面積のガレージであれば、延べ床面積に含まれてしまいますから、その分建てる費用が加算されます。

 

その他には、できるだけガレージの高さを高くしようと思っても、建築基準法により建物全体の高さは決められていますから、ガレージを高くするということは限界があるのです。

 

こういった細かい基準は一般人には到底分らないものですから、ガレージハウスに対して知識が豊富な住宅メーカーの人に聞いてみるといいでしょう。建築基準にしたがわなければ、違反ということになります。

 

よく、申請の際には、その部分は倉庫として手続きし、審査が通ってから車を入れるようにするという人もいます。ですがこれはれっきとした建築基準法違反となりますから、気をつけたほうがいいでしょう。建築基準法はより安全な家にするために定められている法律です。そのため、それに従うということは、自分の身の安全を守るということです。ただしい知識と常識を知り、よりよいガレージハウスにすることが望ましいです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市