家作りの第一歩はココから!

車が限定される

ガレージハウスといっても、どんな車でも入れるというわけではありません。通常、ガレージであれば、その車が入れるスペースを作るものですが、ガレージハウスとなれば、それほど大きなものは作れないのです。

 

とはいっても、一般的な普通自動車であれば全く問題がありません。ただ、トラックや大型車だと無理でしょう。また広い土地であれば、2〜3台駐車できるガレージハウスを作ることができるでしょうが、狭い土地ならまず無理です。というか、基本的にガレージハウスは狭い土地を持っている人が、車を持つための方法といえます。そのため、土地がなければ、何台も車を止めることはできないでしょう。2階などには当然止められませんので、やはり1台が限界というところでしょう。

 

また、ガレージハウスを建てる場合、気をつけなければいけないのが、車の大きさです。いくらでも居住スペースを確保しようと、今乗っている車の大きさギリギリに合わせて作ってしまうと、万が一大きな車を購入したとなると、駐車することができないという事態にもなります。たとえばガレージハウスを建てた時は軽自動車に乗っていたのだが、収入もアップして、ランドクルーザーなどの大型の車を購入したとなると入れられない可能性が高くなります。そのため、狭く設計してしまうと、今度購入できる車が限定されてしまうのです。

 

ガレージハウスを建てる際、居住スペースを確保したいと思うのは仕方ないですが、やはりある程度どんな車を購入しても駐車できるように計算して建てることが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市