家作りの第一歩はココから!

暗い

ガレージハウスは、全面を壁に覆われているようなものですから、正直言って中は暗いです。もちろん、立地条件、家の向きによっては一面くらいには窓をつけることはできるでしょう。とはいえ、それでは十分な採光は望めません。また、防犯のためにシャッターをつける人もいますが、つけてしまえば、シャッターを閉めるとより暗くなってしまうでしょう。

 

たとえば、夜中に帰宅をして、ガレージに車を駐車することはできたとして、エンジンとライトを止めてしまえば、もう真っ暗になってしまい、どこが出入り口なのかすら、わからなくなるものです。明るくするためには、外に面している部分の壁を大きなガラスにするという方法もありますが、そうすると、ただでさえ強度が弱いガレージハウスの強度もますます低下してしまいます。また、ガラス面を多くすると、どうしても排気ガスなどで汚く曇ってしまいます。曇ってしまえば、それだけでも暗くなりますし、見た目もみすぼらしく見えるのです。

 

ガレージハウスの場合、自然の日の光を入れるというのは、かなり困難です。そのため、照明設備は多くつけるということは大切です。また、作業をするとなると、その部分にはより光が必要になります。そのため、天井からの照明だけでなく、別にライトなどを準備しておかなければいけないでしょう。また、夜中に帰宅した時に光るセンサーライトなどがあると、車を出てから自宅に入るまでの時間、明るく照らしていてくれるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市