家作りの第一歩はココから!

ガレージハウスの必要性

ガレージハウスは、家とガレージが一緒になり、メリットもいろいろあるのですが、実際、ガレージと家が分離していた方が便利な場合もあります。そうなると、本当にガレージハウスは必要なのかと思う人がいます。

 

実際、ガレージハウスの必要性がある人は限られています。それはやはり都会などに住んでいて、小さな土地しかないという人は、ガレージがなければ車は持てませんから必要でしょう。だからと言って、ガレージに土地を使ってしまうと、家の方が小さくなってしまいます。そのため1階部分の一部にガレージ、その残りと2階、3階部分を居住スペースにあてることができるのです。

 

もちろん、メリットとすれば、雨に濡れることなく家に入れるとか、家の中から愛車が見える、防犯面でも安全、と言うところもありますが、これはガレージの建て方次第では、同じようにできます。そのため、デメリットをなくすためには、やはり家とガレージが別棟の方がいいのです。

 

ですから、地方のように土地の規模が広く、ガレージを建てるだけの広さがあれば、何もガレージハウスにする必要は無いのです。むしろそのほうが居住スペースを広く使え、ガレージもいろいろ作業できる広さにもできます。ガレージハウスだと、ガレージとしては高さも広さも足りず、家としても耐震性、利便性の面で不具合がたくさん出てくるのです。やはり住むところと車庫は別の利用方法ですから、出来る事なら別の方がいいのです。

 

ただ、それができない人は、ガレージハウスにすることです。最近は家としてもガレージとしても十分な機能を兼ね備えられるように、各ハウスメーカーが研究しています。そのため、デメリットも少なくなっていますから、これからはますます必要性が出てくるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市