家作りの第一歩はココから!

けんぺい率に算出される

ガレージハウスは、家と車庫が一体化しているために、とても便利な場合があります。ところが、いざ税金となるとちょっと考える必要があります。ガレージハウスにしてしまうと、ただの青空駐車とは違い、ガレージ部分も建蔽率に含まれてしまうのです。

 

建蔽率に含まれるという事は、その部分も固定資産税の査定に関係してくるというわけです。その分、税金が多くかかるのです。建蔽率を少なくするためにガレージを狭くしようと思っても、車が実際に入れないようでは意味がありませんので、どうしても固定資産税はかかってしまうのです。

 

また、建蔽率に算入されるという事は、固定資産税の問題だけではありません。ガレージハウスはどうしても居住スペースが狭くなってしまいますから、その分3階を作ったりして部屋数を大きくしがちです。ですが、ガレージで減った分を上に増やそうと思っても、地域によっては建蔽率の制限があるため、建てられないという事があるのです。ガレージ分も建蔽率に計算されますから、結局のところ居住スペースを広げることができないのです。

 

実際、そういった計算は素人が行ってもなかなか分からない面があります。またハウスメーカーでもガレージハウスについて、誤った見解をしているところもあるようです。そのため、ガレージハウスを建てる場合、専門の知識のある業者に依頼するのが望ましいです。その建築家と相談をすれば、建蔽率を計算し、居住スペース、固定資産税の面なども深く検討することができるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市