家作りの第一歩はココから!

車がいらなくなれば無駄に

ガレージハウスは、当然車を駐車するところです。ですが、正直言っていつまでも車に乗ることができるというわけではありません。年老いて運転に不安を感じるようになったら、運転免許証を返還して、車もいらなくなるでしょう。もちろん、息子や娘、孫や兄弟がいて、かわりに車に乗るというのであればいいですが、近年核家族化が進んでいるため、そういうケースも徐々に少なくなってきています。

 

車がいらなくなってしまえば、当然ガレージも不要になるでしょう。家とは別に庭にガレージを建てているなら、壊してさら地にするとうことも可能でしょう。簡易的なガレージであれば尚更です。ただガレージハウスの場合は、その部分だけを解体するというわけにもいきませんから、そのスペースが非常に無駄になってしまうのです。

 

もちろん、活用方法はたくさんあり、倉庫として使用する人もあれば、他に趣味を見つけて、そのものを置いておくということも可能でしょう。ただ、一般的にガレージハウスのガレージ部分は1階にあるものです。そのため、車であればそんなに違和感がありませんが、倉庫がいきなり目の前になるのはあまりいいものではありません。このように、車が不要になると、そのスペースが無駄になるということが多いです。もちろん、その部分を居住スペースにリフォームするということも可能ですが、費用がかかる上に、元々ガレージですから通常の部屋とは違うかも知れません。また、強化のために鉄骨にしているところも多いですが、それをリフォームするのも大変でしょう。ガレージハウスを建てる時には、老後のこともちょっとは頭に入れておくといいかも知れません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市