家作りの第一歩はココから!

照明を明るく

ガレージハウスのデメリットに光が入りにくく、全体的に暗いというのが言われています。たしかに、ガレージハウスのガレージ部分は、どこでも暗いというのが感想です。それは窓が少ないですし、シャッターなど使用するので仕方ない面はあります。

 

そのため、ガレージハウスを建てる際には、照明を明るくするということを重要視するということが大切です。照明は、あとからつけるとなると大変ですから、最初の時点で電気工事の作業員に、どれくらいの照明が必要なのか聞いてみるといいでしょう。そして、電気工事の作業員に、その旨を伝え、どこに照明を置くのかをしっかり伝えることです。そうすれば、配線が表に出てくることはなく、見た目も美しくなるでしょう。

 

どれくらい必要かということは、採光の量もわかりませんから、実際に作業してみないとわからないところがあります。そのため、せっかく家を建てるのですから、できるだけ多くの電気をつけてもらうといいでしょう。それをスイッチで切り替えできるようにすれば、いらない電気は消しておけばいいだけです。無駄な照明の数になってしまう可能性はありますが、後から暗いと嘆くよりは十分にいいでしょう。

 

また、天井からつるす照明だけでなく、作業をする際に必要となるライトも重要な光となります。そういったものを購入しておく必要もありますし、コンセントの位置もしっかり確認し、いざとなったらそのライトを使用するという方法もあるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市