家作りの第一歩はココから!

床の材質

ガレージハウスを建てる場合、ただ車やバイクが駐車できるスペースを作ればいいというわけではありません。床の材質にも重視しなければいけません。もちろん、使われる材質は色々ありますが、それはガレージ部分の使用方法にもよるでしょう。

 

数千kgにもなる車が出入りするわけですから、床の材質はやわなものでは意味がありません。強固な材質でなければいけません。ガレージハウスの中で洗車をするという目的もあるならば、水はけがいい作り、材質でなければいけません。もし、ガレージ内で作業をするのであれば、ガソリンやオイル漏れに対応した材質も考えなければいけません。強固な材質である事は重要ですが、作業するのであれば部品が万が一床に落ちてしまっても、簡単に破損する様な材質でもいけません。

 

一般的にはコンクリートで作るのが多いですが、その場合でも劣化したり、滑りやすい、タイヤ跡が付く、オイル汚れが付くなど欠点は多いです。それを補うのが、塗装です。塗装にはいろいろな塗料が使われますが、ガレージハウスに適したものとしては、弾力性があり臭いも少なく、費用も安いウレタンがあります。ただ、ウレタンはその反面、タイヤ痕が付きやすい、傷が付きやすいなどのデメリットがあります。その他にはエポキシがあります。エポキシは汚れにくい、輝きがいい、オイルなどを垂らしても問題ない等のメリットがあるのですが、部品を落とすと破損しやすい、価格が高い等のデメリットがあります。そのため、自分の使用用途に合わせて選ぶといいかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市