家作りの第一歩はココから!

電動シャッター

ガレージハウスのメリットには、雨や風、雪の日でも、濡れることなく家に入れるというメリットがあります。ですが、これには落とし穴があるのです。確かにガレージに入ってしまえば、濡れる事はありません。ですが、ガレージの入り口にシャッターを設置していれば、外から帰宅した時にわざわざシャッターを開けるために、車外に出なければいけません。もちろん、その時には雨や雪に当たってしまうでしょう。同じように、ガレージから出発した場合も、シャッターを開けるのはいいですが、車を出した後にシャッターを閉めなければいけません。その際も車外に出ることになるのです。

 

ガレージハウスを建てる際、ガレージにシャッターをつけると言う人は、手動のシャッターではなく、電動のシャッターをつける事をお勧めします。もちろん費用は少し高くなりますが、これをつけないと、せっかくのガレージハウスのメリットが台なしになります。

 

電動のシャッターをつければ、帰宅した時に、リモコンなどで操作すれば車外に出なくてもシャッターが昇降します。そのため、大雨でも大雪でも全く濡れることがないのです。

 

ガレージハウスを建てる場合には、数百万円、数千万円と高額の費用がかかるものです。そのため電動シャッターにしたところで、毎月の返済額が大きく変わる事は無いでしょう。費用を節約しようとして手動シャッターにして、不便なために電動シャッターに換えると思っても、その方がお金がかかりますし、別につけるのはなかなかできないものです。そのため、建てる際に一緒に作ってしまった方がいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市