家作りの第一歩はココから!

車止め

ガレージハウスは駐車するスペースがどうしても狭くなりますから、車庫入れは十分に注意しなければいけません。ただのガレージであれば、たとえぶつけてしまっても問題ないかもしれませんが、ガレージハウスとなればぶつける場所を間違えると家を直さなければいけなくなる場合もあります。家が破損するという事は、当然車も壊れてしまいますから、出費は高くついてしまうでしょう。

 

最近は、ほとんどの車がオートマティック車になっています。そのため、始動時にD(ドライブ)とR(バック)を間違えて発進してしまう事故が多くなっています。そのため、ガレージ内での衝突も十分にあり得ます。

 

それを解消するためには車止めを設置することが大切でしょう。車止めをつければ、よほどの勢いをつけない限り車止めを乗り越えてぶつけるということはないでしょう。車止めはそれほど高価なものではありませんし、つけていればギリギリまでバック(または前進)することができます。それにより、停めてみたらシャッターが閉まらないという事もないでしょう。

 

車止めとともに、タイヤなどを置いておけば、より衝突による破損を軽減できます。よく、『車止めなんかなくても、きっちり止められる』と自信をもっていて車止めをつけない人もいます。ですが、毎日の事ですから、その日の気分によっては、魔が差してしまいぶつけてしまう事もありますし、自分だけでなく駐車に慣れていない人が車庫入れをする事も考えられます。高価なものではありませんから、最初からつけておけば安心できるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市