家作りの第一歩はココから!

愛車をインテリアに

男性にとって、車やバイクは非常に大切なものであると言います。そのため常にピカピカにしたり、整備を欠かさずおこなっているのです。もちろん、その大切な度合いというのは人それぞれですが、人によっては三度の飯より車・バイクが好きという、はたから見たらキチガイではないだろうかと思われるくらい大切にしている人もいます。

 

そういう人は、いつも自分が見えるところに車やバイクを置いておきたいと思うものです。とはいうものの、一般住宅では家に入ってしまえば、車やバイクを見る事はできません。

 

ところが、ガレージハウスは、ちょっと工夫して建てれば、食事をするリビングの窓の外はガレージで、自分のバイクや車を常に眺める事ができるのです。また、ライトアップしたりすれば、まるで展示しているかのように見えます。その姿はまるで部屋のインテリアの一部になっているかのようにできるのです。よく、車やバイクの写真を部屋に飾っているという人もいますが、ガレージハウスであれば、実物を、まるで写真を飾っているかのように見せる事も出来るでしょう。

 

もちろん、そのためには、車は常に綺麗にしておかなければいけませんし、窓も綺麗に掃除しなければいけないでしょう。また、車が置いている時はいいですが、出払っている時には、窓からはただ作業場が見えるだけという逆にインテリアとしてはあまり好ましくない景色になるでしょう。そうならないためには、カーテンをつけたり、他の所にも窓をつけるなどして、景観を損なわないように、いろいろ工夫が必要になるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市